投票
大犬太とCHPとCHEXA xiaomi redmi 3 pro と redmi note 3 pro
CHPとCHEXAやるよ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


xiaomi redmi 3 pro と redmi note 3 pro
2016年05月24日 (火) | 編集 |
最近気になっていたのがxiaomiなんです。
で、気が付いたら、redmi3pro と redminote3pro2台同時に購入してました。笑

これで、スマホ何台目だよという突っ込みをいただくことこの上なく、

おととし買ったのが2台
去年買ったのが2台
今年、買ったのが3台。

加速してる!!!笑

というわけで、さっそく、開封したわけですが、いやー、xiaomiすごいっす。

なんたって、2台で4万。すごく安い。

その前買った、priori3lteは、かなりの厳しさでした。これも2万ですけどね。

なんといっても、タッチすると、瞬間的にタッチイチが揺れ始めて
触った瞬間から、ドラッグとして認識されるクズイセンサーなんです。笑
フリック入力とか、タッチとか、なんどもリトライが必要というわけのわからなさですよ。笑
ただ、電池の持ちはかなりよい。なんといっても4000mAh

これに匹敵する電池の持ちといえば、Zenfone Maxだったのですが、
こいつは重過ぎる。でかすぎる。

そんなわけで、探していてたどり着いたのが、redmi3なんです。

いやーね、redmi3の電池は4000mAhっす。そんでさらに5インチ。
こりゃ溜まらんわけです。

更に、ボタンは画面外のド安定。
最近、買った、PrioriもXperiaも画面インキーだったので、これが不満だったのですよ。

あー、めっちゃタイプ。一目ぼれ。これ買う!って思ってしらべたら
redmi note 3proがあるとな、で、こっちはメッチャ早い爆速マシンらしいと。

更に調べると、redmi 3 pro も発表されるってもんだから
ならいっそ、両方買っちゃえとなったわけです。笑

けど、マイナスもあって、当然対応バンドは日本仕様でないし、
技適も通過していないので、電波的な利用は日本ではNGといことになります。

「一応」、私的には、海外旅行用、バッテリーのでかいスマホがほしいって用途ですから
特に、国内で利用できなくてもさして問題ない認識ですが、
国内メインで使用される予定がある方は自己責任で十分ご検討のほどお願いします。

そんなわけで、近いうちにレビューを掲載したいと思います。

ではでは。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。