投票
大犬太とCHPとCHEXA ブラカル改善要望仕様
CHPとCHEXAやるよ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブラカル改善要望仕様
2011年06月25日 (土) | 編集 |
UI周りが余りに納得いかないので、簡単な仕様書を起こしたい。

<設計指針>
可能な限り以下の項目を満たすことを目標に仕様を設計する。
・マウスのみで「全」操作が「簡易」なアクションで行えること。
・キーボードを併用することで、更に便利に操作が行えること。
・直感的に不要と思われるアクションが存在しないこと。
・ウィンドウズの操作体系に準じていること。

<全体>
・キーボードショートカットの追加。
 ENTER 決定
 ESC キャンセル
 等

<ソフトウェア画面>
・チップをクリックで1チップを選択。
・クリックしたままドラッグで、矩形選択。
・CTRL+クリック(+ドラッグで)で、1チップ(矩形)を追加選択。
・1チップ選択した状態でSHIFT+クリックで矩形選択。

・単独選択モードと連続選択モードを切り替えるられるようにする。
(キーボードを使わなくても複数選択ができるようにするため)
 ・単独選択モード。
  ・異なるチップ群を選択した場合、そのチップ群のみを選択。
 ・連続選択モード(つねにCTRLを押した状態となる。)
  ・異なるチップ群を選択した場合、そのチップ群を追加で選択。
  連続選択後、移動、コピー、反転、回転、削除などの編集アクションを実行した場合、
  もれなく単独選択モードに戻る。

・ダブルクリックで、チップ編集ダイアログの表示。
・CTRLを押しながら選択済みチップをクリックで選択がはずれる。

・選択されたチップ群をD&Dで移動。移動後は移動先のチップ群が選択状態となる。
  +CTRLで、コピー。コピー後はコピー先のチップ群が選択状態となる。
  +DELで削除。

・ごみばこアイコンを常に準備しておき、アイコンクリックで削除。
 あるいは選択されたチップ群をD&Dで削除。

・反転、回転アイコンを常に準備しておき
 アイコンクリックで選択されたチップ群に反映。

・移動、コピー、反転、回転は、他のチップ群を指定しなおさない限り、
 選択されたチップ群以外のチップは、一切変更されない。
 つまり、回転中や移動中に一時的に重なってしまっても、
 操作が完了するまでは、レイヤー的な動きをする。

・上記操作後のOKボタンは不要。
 他のチップ群を指定しなおした時に自動的に決定とする。
 キャンセルする場合のみ、UNDOアイコンをクリック。

・ファンクションキーに各種編集操作を割り当てる。
 下記のアイコンは常に画面上に配置しておく。
 (可能であれば、キーの入れ替えもできるとありがたい。)
 F1:ヘルプ
 F2:チップ編集
 F3:青矢印回転
 F4:赤矢印回転
 F5:シミュレーションの開始
 F6:設計図の保存
 F7:左右反転
 F8:上下反転
 F9:右回転
 F10:左回転
 F11:単独・連続選択モード 切替
 F12:UNDO(CTRL+Z)
 DEL:チップの削除
 ESC:キャンセル
 エンター:決定
 CTRL+C:コピーの開始
 CTRL+X:移動の開始

<チップ編集ダイアログ>
・選択してるチップが空の場合、チップ選択ダイアログが表示される。

・チップ編集画面は、サブ画面への遷移なしに、
 そのチップの全パラメータを操作可能な画面とする。

・パラメータ間の移動は、TABキーを利用可能にする。

・決定ボタンで、決定して、ダイアログを閉じる。
・キャンセルボタンで、もとの状態に戻って、ダイアログを閉じる。

・この状態でも、青矢印、赤矢印の回転は行えるようにする。

<チップ選択ダイアログ>
・チップ選択後+決定ボタンで、
 あるいは、ダブルクリックで、チップ編集ダイアログに遷移。

今日はここまで!!!

これぐらいあると、すこしはソフト設計がしやすくなるのだけれどもね。^^
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。