投票
大犬太とCHPとCHEXA 私的レーティングを考える②
CHPとCHEXAやるよ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私的レーティングを考える②
2011年05月23日 (月) | 編集 |
前回の記事は微妙に間違っていたような気がするので、
11/26の記事もよみなおして、再度あたまを整理したいと思います。

1.チーム毎に他チーム毎との対戦成績を求めます。
  勝ち1、分け1/3、負け0として、全対戦成績を集計します。
2.1.のチーム毎対戦成績には、結果にかかわらず、必ず0.5勝、0.5負の1試合を追加します。
  全勝、全敗だとレーティングが計算できないため。
3.全チームとも、実際の対戦成績とは別に、更に必ず0.5勝、0.5負の1試合のみを行った仮チームとの対戦成績を追加します。
4.仮チームはレーティング1500固定とし、レーティングの平均値がぶれないようにします。

5.各チーム、計算初回はレーティング1500からスタートします。
  2回目以降は、前回のレーティング値からのスタートさせます。

6.各チーム毎に以下7~8の計算を行います。
7.他チーム毎に、他チームのレーティングと対戦成績から、予想される自チームレーティング値を求めます。
 イロレーティングの場合、Ea=1/(1+10^(Rb-Ra)/400)
 を満たすレーティングを各チームに設定することとなる。
  Ea:チームAがチームBに勝つ確率。
  Ra:チームAのレーティング
  Rb:チームBのレーティング
8.7.で求めた他チーム毎の自チームレーティング値との残差平方和が最小となるレーティング値を求めます。
9.各チーム毎に前回のレーティング値と今回のレーティング値を比較し、全チームの変動が1未満となった場合、あるいは、一定の上限回数分6~8を実施した場合、収束したものとみまします。
10.収束していない場合、前回のレーティング値を利用して、6~8を実施します。

よし、こんどこそ大丈夫そうです^^

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。