投票
大犬太とCHPとCHEXA SSDの話
CHPとCHEXAやるよ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


SSDの話
2010年02月27日 (土) | 編集 |
先週、会社の開発機をX25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH080G2C1にしてやった。
そこに、VisualStudioとSQLServerを乗せています。

鬼のように速くなるかと思いきや、そこそこの速さ。
1つ1つの動作は確実に速くなっているのだけど、感動!!!!するレベルではない感じ。
もともとそんなに早いマシンではないのが問題なのかもね。
それでも、仕事をする上では確実にストレスが減って、いちいち快適です。
例えば、ソリューションを立ち上げて、デバッグ開始するまでが、半分ぐらいの時間で出来るイメージです。

ちなみに、バキバキ開発をする職種ってわけでもないので、
自分の場合、導入して1週間で平均しても1日2~3GBしか書き込んでません。
それを、寿命を35TBで計算すると振り切るのに40年近くかかってしまうわけで
あんま気にしないで使ってみることにしてます。
とわいっても、自動デフラグとかの、いらない機能だけはきってますけど。

あと、1台、X25-V Value SATA SSD SSDSA2MP040G2R5があまっているので、
こいつをどこに使うか思案中。

出来れば、会社のモバイル機に換装したいのだけど、
小生意気にもPointSecが入っていて、今のサイズからパーティションを縮小できないのですよ。
もう、めんどくさいったらありゃしない。
ん?てか、windows上でうごくパーティションソフトを手に入れれば、
パーティション縮小できるのかも。。。。これは、一度ためしてみよう。

ちなみに、サイズが問題なければ、AcronisTrueImageでPointSecのクローンも作成できます。
ただし、FATもデータも全部暗号化されているので、120GBのパーティションで10GBしかつかっていなくても
まるまる120GB分コピーするので、時間は相当掛かります。
これは仕方のないところ。

ちなみに、普通のHDDからPointSecをX25-Mに移行して、稼動することは確認しておりますが、
環境によっては失敗することが大いにあり得ますので、
参考にするかしないかは、自己責任の範囲でお願いします。

最後にここにある1.50%ってなんだこれ。
本気でバカにしてんのかってレベル。
SSDでベンチとるとシーケンシャルが1/3ぐらいしかでないんですけど、
どんな図り方したら、1.5%なんかになるんでしょうか。

そうか、無茶苦茶遅いHDDとめちゃめちゃ早いCPUを組み合わせれば、いけるかもしんないね^^
PointSecは普通に考えればCPUバウンドなのよ、だからHDDが遅ければ遅いほどHDDバウンドになって影響が少ないって寸法か。
あまりにひどい広告を見たので、完全怒り心頭モードです。ぷんすか。

というわけでぶっちゃけ、SSDで動くは動くけど、スピードはHDDと大差ないレベルまで低下しちゃいます。
それでも、消費電力や、運搬時の保険って意味で、モバイルをSSDにするメリットは大きいのですよね^^



ということで、
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。