投票
大犬太とCHPとCHEXA 基本的なテクニック、小技
CHPとCHEXAやるよ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


基本的なテクニック、小技
2008年11月18日 (火) | 編集 |
CHPにはいろんなテクニックががあると思いますが、
ここでは、自分の考える基本的なテクニックを記載したいと思います。
ただ、実装方法については特に記述しません。^^;
これは、あくまで個人の好みもあると思うので、あまり汎用的なものではありません。
特に、人気のある、アラクネ、車両、飛行全般の機体については私は無知ですのでご了承ください。
あくまでも基本テクニックなので、高度な制御も記載していません。

1.ロックの基本テクニック
1)固定ロック
2)個別(分散)ロック
3)集中ロック
4)集中ロック2機+フリーロック1機
5)地上機優先ロック
6)1フレーム内でターゲット決定。
 フリーロックで優先ロックをする際は1フレーム内でロックを完了すると
 射撃中でも砲身がぶれることがないです。逆にいうと、1フレーム内に収まらないと
 ターゲットが切り替わるフレームの前後であさっての方向に射撃します。

2.移動の基本テクニック
1)カウンタでの散開。
2)ジャンプ中にスイッチ判断(次回回避方向をカウンタに代入。)
3)周回軌道。
4)オフセット移動。
5)格闘ホーミング旋回。
6)急速旋回キャンセル急速旋回。キャンセルすると通常の急速旋回より早く旋回できる。
7)急速移動キャンセル急速移動。
8)2脚の軸足キャンセル機動。(スプー機動)
9)マリアエレナの特殊アクションキャンセル高速移動。
10)トライポッドの特殊アクションキャンセル浮遊

3.攻撃の基本テクニック
1)被弾追撃。
2)仰角(俯角)判断。
3)ターゲットの射撃に合わせての牽制射撃。
4)車両の前後が自分を向いているときに射撃。
5)ステルス爆撃。
6)開幕集中攻撃、閉幕集中攻撃(ミサイルや主武装など)
7)定期ミサイル。

4.回避、防御の基本テクニック
1)被ロックなしの時、敵弾無視。
2)徹甲弾ガード(伏せ)
3)ジャンプ回避。
 回避は簡単だが着地の隙が長い。
4)非ジャンプで回避。(急速移動や伏せ、特殊アクションなど)
 回避を作り込むのは大変だが、隙が圧倒的に少ない。
5)ジャンプ硬直キャンセル、0Fジャンプ。
 同じ方向へのジャンプだと、ジャンプ→静止→ジャンプと必ず1フレーム静止をはさむが
 例えば、ジャンプ後に、伏せをループして、伏せに成功したら、再ジャンプとやると、
 ジャンプ→ジャンプとつながって、静止の1フレームが発生しないテクニック。
6)ムラマサガード。
7)多弾頭ミサイル以外の複数ミサイルでECMを起動。
8)閉幕ECM、閉幕修復

5.ダメージの基本テクニック
1)大ダメージ中、乱射(デコイや地雷など)
2)ダメージ中にミサイルが至近の場合に、ECMを起動させない。
3)ダメージアクション終了を伏せループで待機。
4)熱が100%を超えている場合、修復を起動させない。

6.対ジャンプ予測射撃
1)ジャンプ射撃をする。
2)160m以遠から戦う。
3)弾検知距離を160m前後にする。
4)伏せやガードで防御する。
5)伏せや急速移動で回避する。
6)通常射撃で戦える近距離戦まで距離を詰める。
7)ジャミングしてロックをはずす。

7.突撃車両、突撃多脚、突撃二脚
1)地雷で邀撃。
2)クラーケンで邀撃
3)徹底的に中間距離に逃げる。
4)徹底的に避ける。
5)シールド×2或いはシールド×3で耐える。
6)電撃装甲で耐える(対格闘機)
7)ショットガンを乱射して耐える(対スプー機)
8)伏せや特殊アクションで格闘を回避して反撃。
9)対車両時、相手をいなすようにジャンプ。

8.飛行型
1)常に狙撃で射撃。
2)アバランチを低密度散布。(高密度で蒔くと、除去されるので)
3)仰角があり、素早い機体なら、個別(分散)ロックして真下から攻撃。
4)地雷回避をちゃんとやる。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
個人的な都合により間が開いてしまいましたが初級者支援の連載を再開いたします。 本編では相手や状況に合わせた個別の対策方法を解説いたしますが、記事として書くべきネタをまと
2011/12/12(月) 19:47:08 | Delta開発ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。