投票
大犬太とCHPとCHEXA ダメージアクションの仕組
CHPとCHEXAやるよ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダメージアクションの仕組
2008年11月04日 (火) | 編集 |
(空中小ダメージを削除2008/11/5)
(弱点説について削除2008/11/18)
==ダメージアクションの基本==

ダメージアクションは大きく2種類に分けられます。
1)小ダメージアクション
2)大ダメージアクション

小ダメージは「ひるみ」「小被弾」
大ダメージは「大被弾」「転がり」などと呼ばれることもあります。

そして、各ダメージアクションにはその移動ベクトル(前後左右)に応じて
異なるモーションが準備されています。
さらにいうと、同じ小ダメージだとしても前後左右で基本アクション時間が異なる場合もあります。

また、機種によっては、小ダメージに空中状態を含む場合もあります。
後述しますが、こういった機体は小ダメージが着地のみの機体より、相当打たれ弱いといえます。


==ダメージアクションと安定度と機体状態==

機体がダメージを受けると、ダメージと安定度、機体状態に応じて
ダメージアクションが決定されます。

1)着地中
・安定度以下   ダメージアクションなし。
・安定度超え   小ダメージアクション。
・安定度×3超え 大ダメージアクション。

2)空中
・安定度以下 ダメージアクションなし。
・安定度超え 大ダメージアクション。

3)小ダメージ中
・空中  2)空中と同じ
・着地中 1)着地中と同じ

4)大ダメージ中
・転がり中   1ダメージ以上で大ダメージ
・起き上がり中 1)着地中と同じ

5)その他
・飛行  常に1ダメ以上で大ダメージ。
・ホバー 大ダメージ転がり中以外は常に着地扱い。


==ダメージアクションの昇格==

正確な理由は不明ですが、
まれに、「ダメージアクションなし」のダメージ量でも、小ダメージになったり、
また同様に、小ダメージアクションのダメージ量でも、大ダメージになったりすることがあります。
このように、想定されるダメージアクションより悪いダメージアクションが発生することを
ここでは便宜的に、ダメージアクションの昇格と呼ぶこととします。

この昇格という現象は1段階のみに限定され、「ダメージアクションなし」から、いきなり大ダメージといった昇格はないようです。

そのため、安定度以下のダメージで大ダメージになることはないようですが、
安定度超えのダメージを与えた場合、以下の2パターンで大ダメージになることがあります。

1)小ダメージの昇格による、大ダメージ
2)小ダメージの空中状態で、再被弾すると大ダメージ


==昇格の原因==

この昇格の発生原因は、ランダム発生となります。
発見当初は弱点説も有力でしたが、現在はランダム発生で問題なさそうです。

ちなみに、発生確率については、
ダメージ量や、安定度、攻撃方法などの条件によって異なるものと思われます。
データはとっていないので、こちらは体感です。

==小ダメージに空中状態を含む機体は弱い==

最初に書いてたことをおさらしますが、
浮いてしまうと、安定度以上のダメージで大ダメージ確定です。
この仕様があるため、
こういった機体は小ダメージが着地のみの機体より、相当打たれ弱いといえます。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
大犬太さんこんにちは。

安定度以下のダメージでひるむのは、ランダムでしょうね。
検証してませんので、感覚的なものですが。
自分で弱点?とか書いておきながらあれですが。まあ、二年前の話ですし。(苦笑
#検証する時間が無い・・・(泣

あ、そうそう。
非ダメージ状態のときは、空中で安定度以下のダメージを受けても、
小ダメージにはならないはずです。

格闘ダメージはやたら転びやすいのですが、別の要因があるんでしょうかね?
小ダメ→浮かし→追い討ち小ダメ→大ダメアクションに昇格、かもしれませんが。
2008/11/05(水) 06:20:26 | URL | nas_B #-[ 編集]
どもこんにちは。
ご指摘ありがとうございます。
時間がないので、とりあえず本文のみ修正しました^^;;;
格闘の件はまたコメントさせてもらいます^^
2008/11/05(水) 10:21:37 | URL | 大犬太 #JalddpaA[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/05(水) 22:53:12 | | #[ 編集]
冥界やアラクネーの小ダメージでは浮かないと思ったので、
原因を簡単に分析してみました。

まずは格闘について簡単に確認してみました。
トリンカーで、冥界150mm盾×2に上段格闘で、
ダメージ27<安定度44でテストしてみたのですが
基本はダメージアクションなしなのですが、たまに小ダメージに昇格しました。
また、1度だけ装甲破損の瞬間に大ダメージが入ったことを確認しました。
これは20戦以上はテストしたのですが、大ダメージになったのはこの1回だけで、
それ以外で転がることは無かったです。

また、やはり、冥界、アラクネの小ダメージはテストでは浮くことはありませんでした。
ただ、可能性としてですが、
小ダメージ中に急な下り坂で脚が浮くってことがあるかもしれません。

ということで、トリンカーの格闘であれば盾×2で大ダメージは相当回避できます。

ただ、ノーランダーについては、ダメージが49になりますので、
盾2枚だと、確定で小ダメージ、昇格して大ダメージですから、
盾2枚で応戦するのはカナリ厳しいようですね。

ここから想像する、転がりやすい理由ですが、
スプー格闘は時間当たりのヒット回数が多い(例えば、5フレームもあれば2~3ヒットすることもザラです)ので時間単位でみれば、昇格の可能性が高いではないでしょうか?
2008/11/08(土) 03:56:18 | URL | 大犬太 #JalddpaA[ 編集]
大犬太さんこんにちは。

アラクネー使いとしては、
ホイリーとバジの格闘多段Hit!の前に涙に濡れる毎日でございます。
きっとその通り、多段ヒットで昇格チャンスが多いからなんでしょうね。
でも、射撃では十数回に一回ぐらいなので、
格闘は確率が高く設定されているのかもしれません。

アラクネーで盾二枚ホイリーを殴るとよく吹き飛ぶ(大ダメ昇格)んですよね。
これも発生率は結構高目な気がします。
2008/11/09(日) 05:03:01 | URL | nas_B #-[ 編集]
こんばんわです。
自分もダメージ量や攻撃の種類、安定度、機種など複数の要素に応じて発生率に変動がありそうな気がしています。

ホバーの小ダメージアクションを調べるときに、
チキンハンターに安定度以下のビームを当ててみたのですが
同じ安定度以下でも、そのダメージ量の大小で小ダメージ発生率が目に見えて変動していた記憶があります。

逆に、他の機体だとあまりダメージ量に左右されるイメージがないのが不思議なのです。

電車の中で確認していただけで、データは取っていないので、
大会が終わって時間があいたら、ちょいと調べてみます^^
2008/11/11(火) 22:51:15 | URL | 大犬太 #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。