投票
大犬太とCHPとCHEXA トライポッドとラスティネールの妄想
CHPとCHEXAやるよ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トライポッドとラスティネールの妄想
2008年09月04日 (木) | 編集 |
この2機には気になる共通点があります。

それは共に仰角90度で、比較的対空が強いというところと、
基本性能が他の同種の機体と比べて劣るというところです。

ちなみに、対空が強いということは、つまり、対地がなんとかなると、
これ、最強の汎用機になれるチャンスがあるということです。

こう考えると、トライポッドとラスティネールが射撃性能や基本性能が無闇に劣るのは、
汎用機としての才能を削るための調整だったのではないかと、

つまり、カルポ開発の初期段階では
「ラスティとトライポッド強すぎるな、こりゃ弱くしないと、ツマランねー」
などといった会話がなされていたかもしれない、なんて妄想する、そんな今日この頃です。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんばんは

妄想の件、自分も似たような事考えてました。
ラスティが多脚並みの安定度だったり
トライが転ばない仕様だったら強すぎますもんね。
かるぽはバランスに関して色々言われている点がありますが
それでも作り手側のバランス調整とか意図みたいなものが随所に感じられる
部分が多いと思います。

バッドの行動補正25とか
冥界のエネルギーが2200と極端に低いとか
意図的なものを感じます。

トライのスペックいじめと書きましたが
あれは製作側からの挑戦状と受け取っても良いんじゃないかと思います。

エッグのSP性能
綾影のキック性能
ロータスのOP一個

これらは製作側の獅子が我が子を鍛えあげんとするための
「愛の鞭」なんじゃないかなと。
弱い機体ほど、強く出来たときの感動は大きいし、
不遇機体を作るとき、機体への愛情が試されてる気がします。
ラスティに関してはそこまで不遇ではないと思いますが、
作ってみると不満たらたらになるんですが…これも愛ですね。
また何がナニヤラになってしまいましたが10年は遊べる仕様で作られてると思います。

妄想って楽しいです。
あと愛って言ってて恥ずかしいけど、連呼すると変な快感をおぼえそうです。
不思議。
2008/09/07(日) 00:10:12 | URL | かっぽる #CCqvuYeo[ 編集]
こんにちは。
自分では、カルポのバランスは結構いい線だと思ってます。
現実問題、カナリ厳しい機体もありますがー
多くの機体については頑張れば、汎用は難しくとも、一定の枠組みであれば
それなりに戦えるような機体にはなりますからね。

意図的と挑戦状の件はまさに同感ですね。
やはり意識して弱くしているんでしょうね。

エッグや綾影の有効活用方法はまだ思い浮かびませんが、
いつかブレイクスルーできるよう頑張りたいところです。
2008/09/08(月) 01:40:49 | URL | 大犬太 #JalddpaA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。