投票
大犬太とCHPとCHEXA コメント分担テスト大会 結果
CHPとCHEXAやるよ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


コメント分担テスト大会 結果
2008年08月13日 (水) | 編集 |
主催および審判の皆様及び、参加者の皆様、お疲れ様です。
エントリー№の差で優勝させていただいた酒酔のオーナーです。
今回の結果は正直出来過ぎだと思いますが、これも一つの結果ということで
優勝できてうれしいです。

実際には、相性の悪い相手には、簡単に負けてしまいます。
特に、壁ぎわの攻防には滅法弱く、壁際に1機張り付いているだけで、
負けてしまうことも多いのが現実です。

ですが、いくつものお褒めのコメントをいただきまして、
これも、作者冥利に尽きるというものです。
ありがとうございました。

以下コメント転載
============================
03 DIT80810.CHP 三十六計酒酔零式甲 大犬太 ( トリンカー )
チーム特徴:
トリンカー1機の単機編成
正直、こんなすごい機体のコメント私なんかが書いていいんだろうか?って思うくらい
すごいチーム。・・・チーム?
スプー機動でひたすら距離を保ち判定勝ちを狙います。凄まじい回避能力を誇り
3機のOKEからの集中攻撃でさえ掠りもしないほど。ここまで回避性能が高いと
仲間がいた場合、事故の発生率が高まるなど逆に足でまといになるために単機編成での
参加になったと思われます。中距離から散発的にビームを撃ち、かすり傷程度のダメージを与え
そのかすり傷で判定勝ちを狙うというとんでもなくとんがったコンセプト。

コメント
・わずか1機のトリンカーなら大丈夫だろうと3機のアングリフを突撃させたら逃げきられた。
・トリンカーがいるという林の中に足を踏み入れた120秒後にチームが判定負けした。
・攻撃させたのにやけに静かだと探索してみたらまだ射程内に捉えることができなかった。
・気をつけろと叫んだ次の瞬間、射程外まで移動しきっていた
・スコープもないプラズマビームで攻撃、というか120秒以内なら確実に判定勝ちされる。
・「プラズマビームガン」だけで、いとも簡単にに150m装甲の車両に判定勝ちした。
・戦闘開始から終了までまで、10m装甲で掠りもせず判定勝ち。
・敵軍の1/3が酒酔零式甲に狙撃された経験者、しかも青い死神という伝説から「重装甲型ほど危ない」。
・「そんなOKEいるわけがない」といって攻撃しに行った3機小隊が、一日中追いかけても追いつけなかった。
・「ビームガンだけならダメ少ないから安全」と突撃したOKEが掠り傷だけで判定勝ちされた。
~アンサイクロペデイア 三十六計酒酔零式甲の頁より~

コメントを書くため機体を観察してたら、CHPじゃないゲームを見ているような気分になりました。
目から鱗のすごい機体です。これは是非いろんな人にみてもらいたい、新しい流れの源流になりうる
コンセプトマシンです。スプー機動で通常射撃は余裕で回避し、ミサイルさえも振り切ってしまう。
ターゲットが自分1機に集中するため流れ弾が発生せず、事故発生率を極限まで抑えています。
攻撃はビームを散発的に撃つのみですが、これで与えたかすり傷が判定での決定打になります。
デス散布などで足を止められるかと思いましたがデスの機動力程度では到底追いつけません。
唯一、障害物に引っかかることが稀にあるのでその隙にミサイルなり追撃を加えることで
撃破可能です。(ほぼ事故死みたいなものですが、この機体が負けたのを見たのはこのパターンだけ)
機動そのものはひたすら中距離を保つ、というものですが、驚異的な回避能力と機動力のため、
同じスプー機動を駆使しないと射程に捉えることさえ難しいでしょう。
脚付きに多い、回避行動=散開行動といったパターンの場合、ひたすら追いかけているうちに
3機ともが密集してしまい多角的な攻撃ができなくなるという点も見逃せません。
とにかくまずはDLして見て驚いて欲しい、すごい機体です。
※青い死神というはネタ元の白い死神の改変ですのであまり気にしないでください。

============================
03 DIT80810.CHP 三十六計酒酔零式甲 大犬太 ( トリンカー )
機体名:三十六計酒酔零式甲 機種:トリンカー 武装:無ビ無 装甲:10mm対爆 OP:加修修

高速後歩きで逃げ続けるひとりぼっちのトリンカー。今回はエンブレムの文字が多め。

1.敵を斜め前方に捉えた状態でキャンセル機動で高速後退する。
2.ミサイルが飛んできた時は特殊キャンセル等で回避(そもそも中ミサ以下は届かないことも多い)。
3.進行方向に地雷が落ちていた時は左右の移動等で回避。
4.敵との距離が十分離れている安全な時にビームを撃つ。
オーナー様のブログによると他にも、ステルス爆撃対策・徹甲弾ガード・対スプー加速逃げ
の機能が搭載されているが、基本は以上の4つの行動が全てのよう。

オーナー本人もこれ以上伸びしろのある作戦ではないとおっしゃってるし、
今回は逆にこの機体の対策を考えてみる。

○開幕一斉ミサイル
 多機体からの同時一斉ミサイルは流石に避けきれない事が多いので期待できる。
○地雷原敷設
 地雷持ちの場合かなり有効。直当たりと足止めのどちらの効果も期待できる。
△十字砲火
 ミサイルや地雷を持っていない機体は十字砲火でラッキーヒットを狙うしかない。期待薄。

ただ、対策を考えても無意味と思わせる唯一無二の素敵仕様に脱帽。

余談ですが、スプートリンカー・特殊と伏せの回避トリンカーに続く新たなスタイルの逃げトリンカー。
これらの要素を要所要所詰め込み融合させれば何となく凄いのが出来そうなのだけれど、
それだけの潜在能力を余すところ無く発揮するプログラムを組むのはかなり大変そうです。
=====================
コメント分担枠外のコメントです。
噂の単機トリンカー”三十六計酒酔零式甲”見せていただきました。
最初、名前をチラッと見たときは36チップ機かと思ってましたw
うちの機体は殆ど全滅。スプー格闘トリンカーで追いつけません。
虎の子ジャミングチームで何とか勝率5割に届くかな?といった程度。
修復装置の回復分削り切れれば、逆に小さな傷が致命傷になる感じ。
ジャミング下で被ロック時に逃げられたら完全にお手上げかも。
でも、プログラム領域にまだ空きはあるけど、
贅肉を極限まで削ったんだろうなあと思われる、匠の一品。
======================

みなさん、コメントがあまりに的確すぎて、すごいですね。
これだけでも十分に感謝です。

また、融合させれば、というくだりは激しく同意です。
もっと強くできる要素はあると思います。
ただ、要素は感じられるのですが、具体的にどう実装すれば
強くなるかというのは全然思いつきませんが。

あと、大会が逃げ機ばかりになってしまうと
試合が面白みに欠けるというのも事実でして、
この機体を発表したことの罪は大きのかもという予感もします。
実はこの作戦、トリンカー以外のいくつかの機体でも出来ます。
それは、最初この作戦を実装したのははマリアエレナさまだったからです。
ホバーゆえ、戦績は安定しませんでしたが、
トリンカーとだいたい互角の強さぐらいだと思います。

そんなわけで、次にどの機体を弄るかまた考えます。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。