投票
大犬太とCHPとCHEXA 速度表示と実際の速度
CHPとCHEXAやるよ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


速度表示と実際の速度
2008年08月04日 (月) | 編集 |
大会の方は、開催されるようで、よろしくおねがいします。
15分前に帰宅できたので、ダッシュで修正しました^^;すいません。
装甲150とエンブレムの変更です。
昨日はあまり睡眠時間がとれなかったので、本日は審判のお手伝いが出来ません。
明日帰宅後残っていたらお手伝いするようにします。すません。

それはそうと、題名のこと。違うんですよね、結構。
とくにスプー中はくねくね動くことになるので
相殺される方向成分の速度も加算されて表示されてしまい
実際の速度とは差がでるようです。

で、とりあえず月影はそれなりに差があるのでためしに記載してみます。
月影、武器なし、装甲10エネ50%消費400%。
積載率 5470/17700=30.90%で、急前2f+上格2fで実験。

1f~4fの計測
速度表示 1f 325km 2f 299km 3f 404km 4f 375km
速度表示の平均速度350.75km
実際の移動距離x=11.2m Y=0m
実際の平均速度302.40km

5f~8fの計測(以降4f毎に同じ)
速度表示 5f 447km 6f 411km 7f 404km 8f 375km
速度表示の平均速度416.75km
実際の移動距離x=12.6m y=-1.5m
実際の平均速度342.60km

というわけ実際の速度は表示速度の85%前後となるようです。
ちなみに、これは積載率30.90%という鬼のような比率なので
加速装置なしの場合、一般的にはもっと遅くなります。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。