投票
大犬太とCHPとCHEXA 2010年12月
CHPとCHEXAやるよ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大会エントリー
2010年12月31日 (金) | 編集 |
PMPの勉強サボッてトライポッドさんを修正してました。
戦い方のスタンスは大きくは変わっていません。

ただ、ダメージ計算ツールとにらめっこした結果、ハード周りを変更してます。
端的にかくなら、60対爆⇒90エネ にしました。

これで、青ビームもショットもひるまないので、
カノンとアサルト以外には相当かもられにくくなりました。^^

もしかすると90対エネって、トライの鉄板かもしんない。
それぐらい今回の変更はしっくりきたよ。
けどソフトも弄っているので、そこで改悪してなければの話だけれど^^;;

あと、時間がなかったので、準備しなかったのだけれど、
地雷マシン用にソニックを1機まぜるとさらによいかんじかもしれないです。

それでは、ではでは、よいお年を。

スポンサーサイト

できることできないこと要望
2010年12月28日 (火) | 編集 |
■できる要望
・レーティングマッチ選出チームを、レーティングの値で絞込みせず、全体からランダムで選ばれるようにする。
⇒特定の機体同士でレーティングマッチを実施した場合の、サンプル誤差を減らすための改善。

■できない要望
・レーティング値の差が400以上の場合、移動0ではなくて、最大値39を移動する。
⇒下位グループと上位グループが戦っても、戦跡が反映されない仕組みの改善。

・引き分けの場合、移動0ではなくて、0.5勝、0.5敗扱いとする。あるいは、0.3勝、0.3敗など。
 あるいは、レーティング上位は負け。レーティング下位は勝ち。これでもよい。
⇒引き分けをすると、レーティングの差によって、中庸な成績を取るようになるように改善。
 つまり、上位と下位が引き分けると、お互いのレーティングが同じ点になるように点数を移動することができればよい。

 
以上。

まあ、修正されることはないよね^^;;


Rii mini の ご紹介
2010年12月12日 (日) | 編集 |
エクサはやっているのだけど、またまた発表の段階にないので、
今回も違うもののご紹介です。

(いろいろ更新しました。UPDATE 2011/1/14)

pc-watchの紹介はここ

amazonはここ

です。先週秋葉で買っちゃいました^^

Bluetooth接続の手持ち型の親指打ち超コンパクト小型キーボードで、さらにタッチパッド付き。
「Rii mimi」とか「Magic-Pro promini」とか書いてあって、正式名称はよくわかりません。^^;;;

けど、こいつはすごい!!

いやね、ミニキーボードの話だけど、

キーボードだけとか、ファンクションがないとか、カーソルキーがないとか

タッチパッドはあるけど、キーボードの形は変てことか

2.4G専用の無線接続とか、

そんな中途半端な製品じゃないのよ。もう全部ありなのよ。

BlueToothだし、数字キーもファンクションキーもカーソルも独立キーだし
Fnキーと同時押しすれば、常用するようなキーはほんと一部のキーを除いてほぼフルキーOKだし、
マウスもタッチパッドで代用できるし、

もうなんてゆーか、ぐうたらライフが超快適!

キーボード触らなくても、マウス触らなくても、ネットサーフィンとか、メディア再生とかができる!!

特に、寝ながらリモコン感覚で、メディアプレイヤを触れるのはほんとうに便利。
音量のアップダウン、巻き戻しとか、早送りとか、

一番つらいのは、英語キーボードなので、印字されてる記号と違う記号が入力されちゃうってこと。
けれどこれは、油性マジックで書き込んで解決済み^^;;

あとは、F9~F12がないので、そこは気合でカバー。
ところがなんと、FNキーとの同時押しで、F9~F11までは利用できることを発見しました!!!!
これにくわえて、HOMEとENDもFNキーとカーソル左右の同時押しで入力可能。

もう使うキーで足りないのは、F12 INS | \ _ これぐらいです。


さらにゆーと、PCが遠いところから操作できるので、字が読みづらいとか、わけわかんない悩みがでるぐらい^^

ああああ、ほんと買って、幸せ。

ちなみに、WindowsXPのばやい、漢字と英語の切り替えは一番右上の「、~」こんな感じのキーのシングル押しでOK
です。
最初は切り替え方法がわからなくて、悩んでしまいました。

次は、X-02Tとリンクさせて遊んでみます^^

コミPo!すげえ、やばい、ほしいかも
2010年12月10日 (金) | 編集 |
コミPo!

だそうだ。

本日AVWatchをみていたら、発見してしまった怪しいソフト。

ここの紹介動画をみたら、すんげじゃねえか。

だれでも4コマ漫画レベルなら簡単につくれちゃうかも。あはは。

ちなみに、ゲーム大好きっ子の私だが、

実は、飲み屋で、画用紙もって大喜利して遊んだりするぐらいのちょっとアレな人なんです。

そんなわけで、気が向いたら買っちゃうかも^^





1ヶ月が過ぎてわかったこと
2010年12月05日 (日) | 編集 |
今回は愚痴です。読み飛ばしてください。

感覚ですけど、
前作以上に、強さがハード性能に依存してるイメージかな。
なんか、グーチョキパーがはっきりしているというか、
とにかく、ソフトで覆せない何かがあるというか、

一言で言ってしまえば、CHPと比べて、「ソフトで実現できる強さが少ない」ってこと。

いや、正しくは、ソフトで強さ実現しようとすると、
今まで以上にチップが必要となってしまい
さらに、ハード性能やCHEXAの仕様を理解していないと難しいというか

ようは、ソフトを書いても、
ハードがアンコントローラブルなので、えてして思い通りに動かない。動かせない。

動かないストレス>>>>>>>ソフトを書く楽しみ

こういうこと。これって、大切なことだと思うのだけれど。

さらに嫌味を書くなら、
元気のスタッフの方がバランス感覚は良かったよね。
今回は、明らかに、ZEUS2時代のレベルに戻ってしまった。

そう思うのです。まる。


実は
2010年12月04日 (土) | 編集 |
格闘トリンカーの調査を開始していたりする。

加速OPありで、290kmぐらい(移動距離から逆算して算出)で前進は出来ることは確認した。
加速なしだと、やはり250kmぐらいか。
速度的には、CHPの綾影以下の性能ではある。

それでも、なんとかなりそうな気がしてきた。

①格闘の攻撃力が高く、車両や多脚でも当ててしまえば、被弾回避が不能である点。
②移動速度は遅いが、格闘判定の発生自体は今までと変わらない点。
③カノンのリロード時間が延びて、お手玉が少なくなっている点。
④CPUが高速化しているので、即時にいろいろなことを判断できる点。
⑤自身の安定度が上昇している点。

いい点はこんなところ。

悪いところは書くまでもなく・・・・

悪いところ>>>>>>>>>>いいところ

なのは事実ですよ^^;;

あらららら
2010年12月02日 (木) | 編集 |
これはひどいねえ。
トライが弱くなってるような気がするね^^まいっか

援護する人がいないと割りが合わないみたいなので、簡単に書きますね。

自分が作ったものを否定されれば、そりゃだれでも、面白くないよね。
逆に肯定されれば、うれしいもんさ。

そんな感じのことを管理職研修の時に言われた。

そういうことって、とっても大切だと思う。だって、人間だもの。みつを


そういう僕は、部内の管理職で6人中2番目に信頼できない人間との評価をされた出来損ないです^^えへへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。