投票
大犬太とCHPとCHEXA 2009年08月
CHPとCHEXAやるよ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


月影さんのスプー格闘が強くならんのです。
2009年08月24日 (月) | 編集 |
そういうことです。

そんなわけで、今は綾影のチューンナップをしてます。
強くなったのか、なっていないのかは微妙なとこですけど、

安定度30ってすごくいいね。^^


スポンサーサイト

だいぶ時間があきましたが
2009年08月20日 (木) | 編集 |
前回の記事をまとめる気分になったら、次の記事を書こうと思っていたのですが、
無責任で申し訳ないですが、なかなか、まとめる気分にならないみたいなので、
久しぶりに更新することにしました。
わざわざご連絡いただいた方には、本当に申し訳ありませんでした。

で、仕事的には7月以降、ずいぶんと落ちついていて、何気にDQ三昧の日々。
さわぴの地図とか、ひろゆきの地図とかをゲットしてウハウハだったのですが、
左手の指が痛くてしかたないので、今は、しばらくDSは触りたくない気分です。

で、先週ぐらいに、しばらく放置していたPSPに電源を入れたら
案の定、充電切れててCHPも立ち上がらない。
セーブデータを読んでも何をやってたのか覚えてないし、
そんなわけで、最近は対スプノラ専用月影さんとかを作ってあそんでます。

で、実は、手持ちのThinkPadをSSD化しました。
S592という曰く付のSSDなんですが、32Gで9980円という衝撃価格に思わず衝動買いです。

で、換装したら、Xpがハンパない爆速!!!!!!!

もうスプートリンカーみたいな爆速なんですよ!嗚呼、カ・イ・カ・ン!!
しかも音はしないわ、温度は上がらないわ、でいいことづくめ。

ただ、速度劣化も爆速なのよね^^;

ちゅうわけで、早速、HDDEraseって奴で、速度回復できることを確認して、
これで、やっと安心して、爆即XPライフを満喫です!
というわけで、さりげなくその辺の手順の記事もアップしておきます。^^;;

ちなみに、どうも、カルパー(CHPER)たちの間で、密会の機運が高まっているようですね。
新宿~品川間だと、ごにょごにょ。


Thinkpad R61のSSD用WindowsXPチューニング
2009年08月19日 (水) | 編集 |
SSD用のXPチューニング


・ページファイルを無効に
 システムのプロパティ→詳細設定→パフォーマンス設定→詳細設定→仮想メモリ変更→ページングファイルなし

・システムの復元を無効に
 システムのプロパティ→システムの復元→システムの復元を無効にするをチェック。

・休止状態を無効に
 電源オプション→休止状態→休止状態を有効にするのチェックをはずす。

・インデックス作成を無効に
 コンピュータの管理→サービス→Indexing Service→スタトアップを無効。

・インデックス作成を無効に
 SSDドライブのプロパティ→このディスクにインデックスを付け・・・のチェックをはずす。

・NTFSの最終アクセス日時の記録と8.3ファイル名の作成を無効に
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\FileSystem]
NtfsDisable8dot3NameCreation=dword:00000000

・プリフェッチを無効に
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management\PrefetchParameters]
"EnablePrefetcher"=dword:00000000

・自動デフラグの停止(無ければ追加)
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\OptimalLayout]
"EnableAutoLayout"=dword:00000000

・起動ファイルを整列するをやめる
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Dfrg\BootOptimizeFunction]
"Enable"="N"

以上

Thinkpad R61でS592の速度回復に成功したので私的メモ。
2009年08月19日 (水) | 編集 |
手持ちのR61でS592の回復に成功したので私的メモ。
※以下の内容はSSDやPCを破壊する危険性があります。実行は自己責任でお願いします。

1.必要なものを準備する。
HW
・ThinkPad R61(本体)
・S592-32G(復活させたいSSD)
・USBメモリー(ブート可能)
SW
・HDDErase3.3(http://www.pcper.com/article.php?aid=669&type=expert&pid=6)
・HDAT2(http://www.hdat2.com/) Single programs HDAT2_4_6.RAR v4.6
・HP USB Disk Storage Format Tool(http://files.extremeoverclocking.com/file.php?f=197)
・DiskExplorer(http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se107750.html)
・windows98ブートディスクイメージ(allbootdisksなど)

2.USBメモリでDOS起動diskを作成する。
・DiskExplorerを起動し、
 windows98.imgからio.sys msdos.sys command.comを適当なフォルダに抜く。
・HP USB Disk Storage Format Toolを起動し、
 Create a DOS startup diskをチェックして上記フォルダを指定する。
・HDAT2.exeをUSBメモリにコピー
・HDDERASE.exeをUSBメモリにコピー

3.ここでバックアップ

4.BIOSの設定を変える。
・ブート時、F1押下して、bios setup utilityを起動。
・security→security chip→disable(セキュリティチップを無効にする)
・config→sata→compatible(SATAをIDEモードにする)

5.S592のsecurity feature setを有効にする。(初回のみ?)
・USBメモリーでDOSをブート
・HDAT2を起動。
・ADATA SSD→Device Configuration Overlay Menu→Restore

6.Security Erase unitコマンドを実行する。
・HDDERASE3.3を起動。
・適当にY、N、P0などを入力し、最終的に1.secure erase を選択する。

7.BIOSの設定を戻す。
・security→security chip→active
・config→sata→SATA

8.ここで復元。
 バックアップと復元はお好きなツールでやってください。
 自分はacronis true imageを利用しています。

以上。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。